【最遊記REROAD】

峰倉かずや先生が描いている最遊記シリーズの第二部にあたる漫画です。
大まかなストーリーは西遊記と同じですが、細かな設定やキャラクターの性格・特徴などはオリジナルになっています。

第一部で旅の目的を再確認したメンバーがそれぞれの思いを胸に西の天竺を目指して再出発するのですが、第二部は玄奘三がもっている闇が大きく物語にかかわってきます。普
段は最高僧なのに銃は撃つし肉は食べるし酒は飲むし、おまけに口が悪く口癖が「殺す」という、原作とは全く違う三蔵法師ですが、芯が強く様々な困難にもひるむことなく立ち向かっていきます。
天真爛漫な孫悟空、女好きな沙悟浄、優しく保護者的立ち位置の猪八戒と四人で、ジープに変身する白竜に乗って旅を続けていきます。

ストーリーもほぼオリジナルなので展開が楽しいのですが、原作との違いを意識してみるのも全く違って楽しめるかと思います。
男性向け・女性向けで分けるなら女性向けになりますが、男性でも十分楽しめる内容です(単純にイケメンが多いという)。
第一部の最遊記、彼らの前世を綴った最遊記外伝、現在販売中の第三部である最遊記REROADBRASTとも合わせて読んでもらいたい作品です。