女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽだったけど、後はご想像通りww

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。は女の子が落ちてきた先がちょうど良すぎたという漫画です。
偶然でこんなおいしい思いができるなんて、あまりに調子が良すぎますが、現実は小説より奇なりということなのでしょうか・・・

フリーターの相川はアパートの管理人・由紀さん(超美人)に惚れています。
が、生来のヘタレがたたって日常会話をするのがせいぜい。
食事に誘うこともできなければ、デートなんてもってのほかという体たらくです。
由紀さんは相川に多少なりとも気があるようですが、本心はよくわかりません。
優しくて思いやりのある人だけに、営業スマイルではないのかと疑ってしまうのです。

どうしても一線を越えることができずに悶々としていた相川ですが、ある日、一線の方からこちらに突っ込んできます。
ただ、困ったことに相手は由紀さんではなかったのです。
バイト先から帰って来て寝ようとしていた矢先に、家の天井が壊れて上の階に住んでいる女の子が落ちてきたのです。
しかも、落ちてきた先はきっちり相川の真上。
突然のことに受け身も取ることができず、そのまま相川は落ちてきた女の子にハメてしまいます。

これが由紀さんだったら最高なのでしょうが、ほとんど見ず知らずの女の子とあっては事情がちょっと変わってきます。
どう後始末をしてもロクな方向に転ばないのは今までの経験上、ほぼ間違いありません。
それなら、楽しんだ方が勝ちと思って、そのまま本番をすることにした相川。
由紀さんに対する優柔不断っぷりは、この時だけはどこかに消えてしまったようです。
(相手が見ず知らずの女の子だったというのもありますが)

楽しいひと時を過ごした相川ですが、そこからが本当に面倒が始まります。
何しろアパートの天井が壊れてしまったので、由紀さんも駆けつけてきたのです。
本当ならこんな場面では由紀さんに出てきてほしくなかったのですが、管理人なので追いかえすこともできません。

ところが由紀さんは二人を責めるどころか心配までしてくれて、しばらく管理人室に泊まっていいとまで言ってくれるのです。
マジでいい人な由紀さんに感動した相川。
もしかするとここで二人の関係が一気に深まるかも・・・と予想していたらまたもやおかしな方向に話が転がり始めます。

どうやら相川は落ちてきた女の子にも気があるみたいです。
さすがにこの優柔不断っぷりはないわと思うのですが、由紀さんそっちのけで落ちてきた女の子に手を出す相川。
相川と由紀さんの恋はしばらく実りそうにありません。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした